秋冬の服、即買い!久しぶりのGAPが意外と使えてお買い得と発見

ギャップのニット ファッション
記事内に広告が含まれています。

雨が多かったり急に冬のように寒い日があったりと、何を着たらいいか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今日は秋冬に向けて選ぶカラーと、最近即買いしたお気に入りニットを紹介します。

買ったアイテムを紹介する前に、以前投稿した季節によって注意する色選びの記事が人気なので、まずはカラーの話を少ししてからニットのご紹介をしますね。

間違えない服のカラーの選び方

季節を意識したトーンを選ぶ

春夏の色と秋冬の色は同じ色のカテゴリーでもトーンに意識するといいですよと書きましたが、9月後半になってくると暑くてもさすがにもう夏の色が使いづらくなってきます。

例えば同じ黄色でも、春はレモンのような明度が高くて明るい黄色だったり、白が入った柔らかい黄色が合います。涼やかな透明感を感じるような色ですね。

秋にはくすみのある落ち着いたからし色だったり、ゴールドのような、温かみを感じる色がぴったりです。

具体的に写真を紹介しつつこちらの記事に書いているので、よかったら読んでみてください。

超簡単!季節感に合った色のチョイスで、浮かない&こなれコーデのルール
春と秋、同じ服を着ていませんか?例えば「黄色」と言ってもそのバリエーションは豊富。春と秋に同じ黄色をまとうと季節感がなく浮いたコーディネートで失敗してしまうことも。そんな間違いを避ける簡単なルールを教えます。

色のトーンとは、明るさ(明度)と鮮やかさ(彩度)のことなのですが、このトーンを選ぶときにポイントになるのはその時の光の強さかなと、個人的には思っています。

わかりやすいのが原色ですが、原色は真夏に似合うけれど、冬には強すぎるように感じませんか?日本は四季がしっかりあるので、春夏秋冬の光の強さを意識すると選びやすいと思います。

カラーのルールにも例外が

しかしながら、このルールに沿わないと絶対ダメというわけでもありません。傾向としてはさっき書いたルールだと間違いない色選びをできるのですが、ファッションは色に加えて素材も関係してきます。

秋冬はしっかりと厚みのある暖かい生地を選べば、冬に明度と彩度の明るめのものを身につけるのもありです。

トレンドも少し意識するともっとおしゃれに

トレンドばかりに振り回されて服を選んでしまうと短期間で着れなくなってしまうので、トレンド館はポイント的に使うくらいがおすすめです。少し取り入れると、簡単におしゃれに見せやすいですよ。

トレンドカラーは、トレンドカラーとして発表されている色そのものでなくても、似た色であれば大丈夫です。

カラー診断をしたことのある方ならわかると思いますが、肌、髪、ひとみの色によって人それぞれ合う色が微妙に違うので、トレンドカラーそのものでなく、トレンドカラー系で自分に合う色を使ったほうがきれいに見えますよ。

トレンドカラーは毎年いくつかあるのですが、実際に取り入れられやすいものでトレンド感が出せそうなものをご紹介します。

レッド

いくつかトレンドカラーが選ばれていますが、個人的にはこれが一番本命なのではないかと思っています。2022年の秋冬は温かみのある赤が出回りそうな予感です。

メディアによって「チェリーレッド」「ファイアレッド」というワードを使っていますが、原色に近い赤からオレンジがかった朱色くらいまでの幅がトレンドのようです。

つまり深めの赤=真紅(しんく)というより、温かみのあるエネルギッシュな明るい赤というイメージですね。

赤ニットコーデ
画像元:mi-mollet

赤はそもそも視覚的に強い印象を受けるので苦手な方も多いと思いますが、ベーシックカラーと組み合わせやすいので意外と使いやすいんですよ。

赤と相性の良い色

  • グレー
  • ベージュ
  • カーキ
  • ブラウン
  • デニム

みなさんが持っているアイテムとの組み合わせも簡単なので、今年は赤を一枚手に入ましょう。

ピンク

バービーピンクというかなりパキッと目を引くピンクがトレンドと言われています。彩度が高めのピンクからマゼンタの幅で選べばトレンド感が出ますよ。

ピンクを好きな方は多いと思いますが、バービーピンクは印象的でさすがにこのモデルさんのようなピンクの使い方は現実的ではないので、ポイント使いがいいですね。

バービーピンク@ヴァレンティノ
画像元:Ellegirl

こういう強い色は顔まわりに大きい面積で使うのは勇気がいるので、ボトムで使うと取り入れやすいです。

ただ、あまりにもトレンドのメインストリームに乗ってしまうと1、2年で使いにくくなるので、カーディガンやアクセサリー、靴下なんかでちらっと使うくらいでも良いと思います。

パープル

ベリーペリと呼ばれる色がパントン社が2022年カラー・オブ・ザ・イヤーとして発表されました。青みが強めのやわらかいパープルです。

ベリーペリ画像元:PANTONE

ベリーペリより深く、ネイビー(紺色)よりほんの少し明るめのロイヤルブルーという色もトレンドカラーとされていますが、同じ系統です。ロイヤルブルーはイギリス王室の公式カラーで、国旗にも使われている色だそう。

GAPで即買いしたもの

さて、では本題の私が今回買ったアイテムをご紹介しますね。

私はあんまり服を買わない方なのですが、最近のトレンドはトップスの丈が短いのでそろそろショート丈のものを入手しようかと思っていたところ、Instagramで可愛いニットを見かけたのがきっかけです。

それがなんとGAP。今まで完全にカジュアルなイメージしかなかったGAPですが、意外と使えるアイテムがたくさんあるんですね。(みなさん知ってました?)

GAPはたいていディスカウントクーポンがあってお得

Instagramで見かけてすぐオンラインショップを開くと、「30%オフ+10%オフクーポン」が表示されました。よく考えると確かに昔も常にオフをしているイメージはあったのですが・・・すっかり忘れてました(笑)

購入した後もちょくちょくサイトを見ていたのですが、見るたびにディスカウントクーポンが出ていました。シルバーウィークはもうちょっとだけディスカウント率が高かったのですが、たいていはディスカウントがあるようです。

GAPディスカウントクーポン

今は2種類のクーポンが出されていて、アイテムによって30%オフされて、さらに合計金額から10%オフされます。(私が買った時もそうだったのでしばらくそうなのかも?)

ミックスカラーのニット

私が即買いを決めたのはこのマルチカラーのニットです。

そもそも私はグリーンとパープルの組み合わせが好きで、このニットの中にもその2色が入っているので「使える!」と思ったんです。

icon
iconシェーカーステッチ クルーネックセーター
90% コットン, 10% アクリル
¥6,990
ディスカウントクーポンでさらに30%以上OFF

GAPオフィシャルサイトで見る
icon

マルチカラーなのでちょっと敬遠しがちかもしれないですが、マルチカラーだからこそ組み合わせられる色がたくさんあって意外と使いやすいですよ。

マルチカラーの中にある1色をピックアップしてボトムに選んでコーディネートするといいですね。

一番使いやすいのはデニムと合わせるコーディネート。素材がカジュアルでざっくりしているのでデニムとの相性はパーフェクトです。

次に簡単なのは、このアイテム以外の全身をブラックにするコーディネート。全身ブラックの中でこのニットがポイントになる形ですね。

他に使えそうのは、キャメルや深いグリーンのボトムも合いそうです。

ざっくりと編まれたニットなので、ちょっと大きめサイズを選ぶのがおすすめ。私は164cmで痩せ形ですが、Mが大きめでぴったりでした。

GAPは日本のサイズより大きめなので、ジャストサイズで着るなら一つ小さいサイズを選ぶのがおすすめです。

ブラックシャツブラウス

ディスカウントクーポンもあるし、他にも何かあるかなとざっと見たときに見つけたのがこれ。

icon
パフスリーブトップicon
100% コットン
¥4,990 → 今なら ¥3,990)
ディスカウントクーポンでさらに30%〜OFF

GAPオフィシャルサイトで見る
icon
身ごろ部分がTシャツ素材で、パフになっている袖がパリッとしたシャツ素材という異素材の組み合わせ。

色がブラック、ホワイト、カーキ、ベージュ、ローズ(GAPの色名はこれとは違うのですが、わかりやすいように一般的な色名で書いています)と使いやすいものばかりで迷いましたが、まずは絶対使えるブラックをオーダー。

レビューを読み込んでXSサイズを選びましたが、それでも若干体が泳ぐ感じでした。袖はパフがボリューミーかつ長めなので、痩せ形で身長が165cm未満の方はXXSでもいいかもしれません。

素材がしっかりしているのでオンのきれいめコーデでも使えます。結構よかったのでホワイトを追加買いするか迷ってます(笑)

こういうのがGAPにもあるなんて!とGAPを見直しました。

ヘビーウェイト ボートネック チュニックTシャツ

最後がこれです。サイズが大きいのですがだぼっと着るためにSを購入。

icon
iconヘビーウェイト ボートネック チュニックTシャツ
100% コットン
¥2,490 → ¥999
ディスカウントクーポンでさらに30%〜OFF

すごくしっかりした素材なのでガンガン洗っても当分へたらなそうです。というかむしろガンガン洗って少し柔らかくしたいくらい(笑)

ベージュを買ったので、黒の細めのボトム似合わせようと思っています。モデルさんはベージュのキャップですが、キャップも黒にするのが私は好み。

GAPオンラインショップのいいところと注意点

GAPオンラインショップのおすすめポイント

ディスカウントクーポンでお得に買える

5年ぶりくらいにGAPのオンラインショップを利用しましたが、ディスカウントクーポンやその時々のアイテム別ディスカウントでかなりお得に買えて大満足です。

オンで使えるデザインのアイテムもあり

ロゴの入ったカジュアルなアイテムばかりのイメージでしたが、意外と仕事でも使えるデザインのものもあります

レビューでサイズ感など確認できる

購入者やショップスタッフの方のレビューがたくさん入っているので参考になります。

特にショップスタッフの方は身長や体重も入れてくださっているのでサイズ選びに役立ちます。

GAPオンラインショップの注意点

実は今回二重オーダーになってしまっていて、返品したという経緯がありました。そこも含め、いくつか注意点をお伝えしておきます。みなさんがスムーズなお買い物ができるようお役に立てばと思います。

配送に時間がかかる

オーダーしてから手元に品物が届くまでに一週間前後かかりました。そのため、納品を急いている方には向いていないです。

配送がバラバラに届く

倉庫が複数あるようで、在庫のあるところから発送されます。同じアイテムだから同じ倉庫から発送される、というわけではなさそうです。

今回3種類のアイテムが二重オーダーになっていたため合計6点が届きましたが、4つの梱包に分かれて届きました。二重オーダーになっていたと知らなかったので大混乱しました(苦笑)

ログインなしで利用できる

自分のアカウントを持つとログインしてオーダーになり、オーダー履歴を確認できます。

でもアカウントを作らなくてもオーダーすることができます。その場合、自分の注文履歴が確認できません

注文確認メールがすぐ届かない

私の二重オーダーは、まずアカウントを持たない形でオーダーしていたようなのですが、注文確認メールが届くまでに時間がかかります。つまり、自分の注文がされたかどうかがわかるまで数時間がかかります

私の今回の1回目のオーダーは注文ボタンを押したときにエラー画面が表示され、かつ注文完了メールが届かなかったため、購入できていなかったと思い再度オーダーしたことで二重オーダーになりました。

サポートセンターに確認したところ、注文確認メールは24時間以内に送られてくるということでした。(が、アカウントのない方の注文確認メールは届いていないようで、発送準備完了メールが30時間後くらいに届きました。)

出荷ごとの請求のため、カード明細で項目が分かれる

私の場合は出荷が4回に分かれていた上に、各注文の出荷が同じように分かれていなかったため(1回目の注文は商品A・Bと商品Cに別れ、2回目の注文は商品Bと商品A・Cに別れた)引き落とし金額が4種類バラバラの金額で、これにも混乱しました。

サポートセンターの方の日本語が通じにくい

サポートセンターの方が外国の方で、私のような少し複雑なケースは理解が難しかったようでした。

まとめ

ちょっとトラブルはあったものの、手元に届いたアイテム自体には満足しています。

ファストファッション系のオンラインショップはもっと購入フローがスムーズですが、商品自体のクオリティに疑問があることも多いです。

そのため、ベーシックなアイテムを長期的に使う場合はGAPも選択肢としてありだな、と今回思いました。

 

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました